2012年10月アーカイブ

第3都市は、再び南下して、リオから飛行機で2時間程のクリチバです。
こちらは、東欧からの移民が多い、とのことで、またベレンとは一味
違って、ヨーロッパの雰囲気の濃い街でした。

日本文化週間のオープニングとのことで、コンサート、ワークショップ等
を開催させて頂きました。

IMG_2856.JPG

3都市通して、演奏した「去来」(杵屋正邦作曲)
何度弾いても、聴いても、やりがいのある名曲です。

各都市で、終演後に素敵なお花を頂戴しましたが、飛行機の為、持って
帰れず、残念!!でも、感謝の気持ちはずっと...♪♪
このプログラム敢行にあたり、お世話になりました全ての皆様に深くふかく
感謝申し上げます。


Curitiba.JPG


最初にこのブラジルのお話を頂いた時、「ベレンってどこ?」と思いましたが、
今回の旅の中でもひとしお思い出深い街になりました。

この街はアマゾン川河口の街で、まず「三味線の猫皮、大丈夫か!?」と不安に
なりましたが、クーラーを沢山かけて頂いて、無事に演奏を終えることが出来
ました。会場となった音楽学校は、校長先生が情熱を持って建てられた学校で、
経済的にも苦しいベレンの子供たちが、音楽を楽しく勉強出来るよう腐心されて
います。日系人コミュニティもブラジルでは第2の人口、とのことで、文化的行事、
そして日本へのあこがれの強さがとりわけ感じられる街でした。

共演した、イーゴルくん、素晴らしい音色の持ち主でした。まっすぐと音楽に
向かっているから出てくるんでしょうね。とっても澄んだ音色でした。

Belem5.JPG

終演後は、ポルトガル語で挨拶も!一文一文に反応してくださって、お客さん
の熱意が伝わってきました!!
コラボレーション終了後は、会場総立ちのスタンディングオベーション!!

本当に、どうもありがとうございました!!

下↓は、熱帯雨林で大喜びの私


Belem6.jpg

ブラジルへ

| コメント(0)
またもや、月記になってしまいました。
9月の末より、約10日間、ブラジル3都市にて公演してきました。
昨年に引き続き、NYのジャパンファンデーションによる Japanese Arts in
Latin America というプログラムでした。

ブラジルは、初めてでしたが、各地では本当によくして頂きました。
改めて、御礼を申しあげたいと思います。リオ・デジャネイロ、ベレン、クリチバ
の3都市での公演、ワークショップでした。ブラジルは、旅行して初めて体験
できましたが、本当に地方色が豊かで、お料理も、ビールも美味しかったです!

リオでの写真

RIo.JPG

終演後に、コラボレーションしたチェリストのデヴィッドさんと。
Rio2.JPG