2015年12月アーカイブ

New Music from CMA

| コメント(0)
Duo YUMENO will be performing at New Music from CMA on Jan 8 starting 8:00 pm at DiMenna Center. It will be truly challenging and a great honor for us. We would like to thank our supporters, friends, and composers who have been collaborating with us. 

大変光栄なことに、年明けのChamber Music Americaの年次総会の「New Music from CMA」コンサートにデュオ夢乃が出演することになりました。このコンサートには、全米の室内グループより、クラシックとジャズの分野より4組が選出されました。CMAのコンフェレンスは、アメリカを拠点とする室内楽の音楽家にとっては、年に一度の祭典のようなもので、私も初めてこのコンフェレンスに参加した時には、大海の中に投げ出されたかのような錯覚を覚えました。当初は、箏・三味線、チェロという組み合わせは見向きもされないだろう、と思っておりましたが、少しずつそのアンサンブルの可能性にも理解が得られ、また今回のようなチャンスに巡り合うことができ、本当に嬉しく思います。私(達)は日本の楽器を演奏する者ですので、その魅力が何であるかを常に問いかけて、その上で、新しい音楽を共につくり、ソロ活動と並行しながら、夫婦ならではのアンサンブルをこれからも磨いていきたい、と思っています!
We were very happy to present our repertoire at Clare Hall, Cambridge University in UK. We performed our commissioned pieces by our long term collaborator, Marty Regan and wonderful composer, Daron A. Hagen as well as classical pieces. Thankfully we were able to have a full house and standing audiences. The audiences were very welcoming and attentive. It has become one of our best memories in 2015!

イギリスのケンブリッジ大学・クレアホールでのリサイタルが無事に終了いたしました。マーティン・リーガンさん、ダロン・ハーゲンさんに書いて頂いたデュオ委嘱作品と共に、古典の組歌「明石」、黛敏朗「文楽」なども演奏いたしました。大変ありがたいことに、立見のお客様も出る盛況となり、温かく、音楽をじっくりと楽しもうという雰囲気の中で、コンサートを終える事ができました。2015年の思い出の中でも、とりわけ印象深いものとなりそうです。

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。