Biography

Yoko Reikano Kimura   
- Koto / Shamisen / Voice -
                                                              
hpbio1psd 2.jpg
hpbio2psd 2.jpg

Koto/Shamisen performer and singer, Yoko Reikano Kimura has concertized around the world based in New York and Japan. The New York Times described her shamisen playing and singing as "superb".  San Francisco Examiner also praised as, "An elegant refined presence perfectly poised, she played with precision, beauty and the utmost confidence." As a frequent soloist and collaborator she has performed in NYC, Chicago, Tokyo, Kyoto and many other cities with wide range repertoire from classical Japanese music to improvisational pieces.

Born and raised in Japan, Yoko started piano from age four but took an interest in many types of music. She started Yamada style koto studies with Yukano Inoue at age 10. In 1991, at age 14 she began her intensive koto training with Kono Kameyama, the foremost Yamada style performer in Japan. She graduated from the Tokyo University of the Arts and Music, where she was awarded the top prize for her graduation recital. In 2000, she received her stage name "Reikano" from Hiroko Nakanoshima Ⅵ, daughter of the legendary koto and shamisen performer/composer Kin'ichi Nakanoshima. While advancing her studies in Japanese classical music, Yoko deeply took an interest in new music written for Japanese instruments. She continued her studies at the NHK (Japanese national broadcasting corporation) School for Young Professionals. At the Institute of Japanese Traditional Music she studied contemporary music with Akiko Nishigata, who pioneered the performance of new musical repertoire on the shamisen. In 2004 she was chosen as the internship trainee for the Agency for Cultural Affairs of Japan, researching and performing classical and contemporary koto/shamisen music. In the genre of the Kato style shamisen, which was a genre closely related to Yamda style koto music, Yoko studied with Senko Yamabiko, a Living National Treasure, and received the name "Reiko Yamabiko". Before moving to the US in 2010, Yoko was a faculty member at Senzoku Gakuen College of Music and a koto instructor at Kiryu University. As a Japanese instrumentalist, she is continuing her performances in Japan and holds a teaching position at the Institute of Traditional Japanese Music, an affiliate of Senzoku Gakuen College of Music.

Yoko has won numerous awards including the First Prize at the prestigious 10th Kenjun Memorial National Koto Competition as the first Yamada style koto performer. She received the First Prize at the 4th Great Wall International Music Competition and the Osaka Chinese Counsel Award and won the Japanese music audition for NHK-FM radio and her solo shamisen performance was broadcasted nationally. Since then she has performed numerous koto and shamisen pieces for the radio. In 2008 she performed at the Kabuki-za in Tokyo for the play, "Sukeroku" starring Danjuro Ichikawa Ⅻ. Yoko has also accompanied classical Japanese dancers such as the famed Kabuki actor, Somegoro Ichikawa Ⅶ and Shunojo Fujima. She has appeared in wide variety of venues in Japan including the National Theater, National Noh Theater, Tokyo Metropolitan Theater, Suntory Hall, Hyogo Performing Arts Center, Tokyo National Museum. For the Traditional Music Digital Library, She recorded various classical shamisen works. Her performances have been broadcasted on NHK-FM, NPR's Performance Today and WQXR.

Since Yoko moved to the US in 2010, her mission has been to promote Japanese music to American audiences. As part of this mission she is concertizing and giving workshops at various venues, such as John F. Kennedy Center, Lincoln Center, United Nation, Merkin Hall, New York Live Arts, Japan Society, Harvard University, Columbia University, the University of Chicago, the Duke University and many others.

As a koto soloist, Yoko premiered 13-stringed koto version of "Koto Concerto: Genji" composed by Daron Hagen with the Euclid Quartet, and later performed with the Ciompi Quartet, Freimann Quartet and the Prairie Ensemble Orchestra. Yoko premiered Kaito Nakahori's "Japanese Footbridge for koto and chamber ensemble" with Hai-Dao Ensemble at Jordan Hall in Boston, and performed James Nyoraku Schlefer's "Concertante" with Texas Festival Orchestra.
As a shamisen solosit, she performed "Shamisen Concerto" at the National Olympic Memorial Center in 2004 and performed with the Arianna Quartet in 2012, and was a guest performer with ensemble Aperio at Asia Society Texas Center. In 2016, she performed with American Symphony Orchestra in Pietro Mascagni's "Iris". In 2017, Yoko commissioned and gave a world premiere performance of Marty Regan's Shamisen Concerto No.1 Polaris.

She has performed with many fast-rate classical Japanese performers and collaborated with such famed artists as Heiner Goebbels, the Wien Soristen Trio (Wiener Phil members), Kyo-Shin-An Arts, Joseph Robinson(ob), Yasuko Yokoshi(dancer), Junko Koshino (fashion designer), Ikuro Fujiwara (piano/conductor), and many others. Since 2004, Yoko has toured around the world, performing in such places as Poland, Switzerland, France, Lithuania, Korea, China, Israel, Qatar, Italy, Jamaica, Bolivia, Peru, Brazil, Turkey, Trinidad and Tobago and England.

An enthusiastic performer of new music, Yoko has premiered new works at the Japan Society for Contemporary Music. Her collaboration with Yuiko Tomita, violinist, began in 2000 and their duo Y's Sound won the Debut Concert Audition at Toppan Hall, Tokyo. The concert was featured in the TV program Culture Channel. In 2009, Yoko founded Duo YUMENO with cellist Hikaru Tamaki. This duo offers a unique fusion of sound that explores both traditional Japanese music and Western classical music, commissioning new works and creating their own arrangements. In 2014, they were awarded the Chamber Music America Classical Commissioning Program grant, and in 2015, received the Aoyama Baroque Saal Award. The duo was featured at Chamber Music America's 2016 National Conference and performed at the John F. Kennedy Center in 2017. Currently, the duo is working on a commissioning project, suite of pieces based on The Tale of Heike. In 2015 they released their long-awaited debut CD. 

**********************************************************************************************************************************************

木村伶香能 -きむら れいかの-  

箏・三味線・唄


「古典と現代」をテーマに、作曲家・アーティストと共同制作による新たな世界を展開し音楽活動を行っている。

プロフィール

東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。NHK邦楽技能者育成会第46期修了。現代邦楽研究所研究科(三味線専攻)修了。平成16年度文化庁インターンシップ研修員。これまでに洗足学園音楽大学、桐生大学箏曲部講師。現在、洗足学園音楽大学内・現代邦楽研究所講師。4歳よりピアノをはじめ、10歳より井上友香能師に箏の手ほどきを受ける。14歳より山田流箏曲を亀山香能師に師事。2000年、六世中能島弘子師より、名号「伶香能」・教授を許さる。現代邦楽(三味線)を西潟昭子師に師事。河東節三味線を人間国宝・山彦千子師に師事。河東節「山彦伶子」の名を許される。
2001年、箏とヴァイオリンのデュオでトッパンホールデビューコンサートオーディションに合格。BSデジタル放送「カルチャーチャンネル」に出演。2002年、第4回万里の長城杯国際音楽コンクール・アンサンブル部門第1位、大阪駐総領事賞を受賞。2003年、第10回賢順記念全国箏曲コンクールにて賢順賞(第一位)を山田流箏曲「熊野」にて受賞。2005年、NHK邦楽オーディションに「盤渉調」(三味線独奏)で合格。2008年、邦楽器奏者として初めて、アクト・ニューアーティスト・シリーズにフィーチャーされ、浜松市文化振興財団主催によるリサイタルを開催。歌舞伎座にて市川団十郎丈主演・歌舞伎公演に三味線方として出演。「伝統音楽デジタルライブラリー」に三味線演奏を収録。NHK-FM放送「邦楽のひととき」、アメリカのナショナル・パブリック・ラジオ「Performance Today」、WQXRラジオ、日テレ「The MUSIC DAY」などに出演。また、ニューヨークタイムズ紙、ニューヨーク・クラシカル・レビュー、サンフランシスコ・エグザミナー等から高評を得ている。現在、桐香会、新潮会、日本三曲協会、各会員。ニューヨーク在住。

2004年以来、海外での演奏も多く、2010年よりアメリカに拠点を移し、日米を拠点に国内外で演奏活動を行う。2012年、三味線ソリストとして、アリアーナ・カルテットと共演。2013年、ベッシー賞ノミネート作品「BELL」(余越保子制作)に出演し、ニューヨークタイムズ紙において三味線・歌が"superb"との評価を得る。同年、「箏コンチェルト:Genji」(ダロン・ハーゲン作曲)十三絃箏版をユークリッド・カルテットと初演。その後、チオンピ・カルテット、フライマン・カルテット、
イリノイのプレーリー・アンサンブル・オーケストラ(ケヴィン・ケリー指揮)と共演。2014年、ホノルル・チェンバーミュージック・シリーズに招聘される。「箏と室内アンサンブルの為の太鼓橋」(中堀海都作曲)をジョーダンホール(ボストン)にて初演。2015年、アジア・ソサエティ・テキサスセンターにて、室内アンサンブル・アペリオ公演にゲスト出演。同年、箏ソリストとして「尺八・箏・ヴァイオリン・チェロと室内オーケストラの為のコンチェルタント」(ジェームズ・シュレファー作曲)をテキサス・フェスティバル・オーケストラとアメリカ初演。2016年、アメリカ交響楽団のオペラ公演「イリス」に三味線奏者として出演。オペラ・アメリカ・リサイタルホールにて「三味線リサイタル」を開催し、三味線協奏曲第1番「ポラリス」(マーティン・リーガン作曲)を世界初演。これまでに演出家・ハイナー・ゲッベルス、ウィーンフィルメンバーによるウィーン・ゾリステントリオ、アメリカ各地のストリング・カルテット、ジョセフ・ロビンソン(元NYフィルオーボエ首席奏者)他多数と共演。ハーバード大学、コロンビア大学、プリンストン大学など大学機関での演奏を行うほか、ニューヨーク・フィルの教育プログラムに三味線奏者として参加。

2009年結成以来、
チェリストの玉木光との「Duo YUMENO 夢乃」では、緻密なアンサンブルに定評があり、ニューヨークタイムズ紙、ナショナルパブリックラジオ「Meet the Music」、Chamber Music Magazine紙などにその活動が紹介されている。日本では毎年リサイタルを開催、これまでに大和田伝承ホール、東京国立博物館、京都青山音楽記念館、龍安寺、薬師寺、春日大社、唐招提寺などで演奏を続ける。2010年より4年間、「花鳥風月」コンサートシリーズを日米各地で開催。2011年、ジャネット・ラッツ・プロフェッショナル・フェローシップ受賞。2014年、全米室内楽協会よりクラシック作品委嘱プログラムの助成を得る。第24回青山音楽賞バロックザール賞受賞。2015年、"New Music in Bryant Park"に出演。CD"花鳥風月"(マーティン・リーガン作曲)をリリース。2016年、全米室内楽協会のナショナルコンフェレンスにて招待演奏。2017年、全米桜まつりにて、ワシントンのジョン・F・ケネディセンターにて公演。現在、アメリカを代表するオペラ作曲家ダロン・ハーゲンに"平家物語"をテーマとする連作を委嘱、コンサートを行っている。

また、2015年秋より、「ニューヨークの四季 −日本音楽の秀麗 −」古典シリーズをスタート。現代社会で見失われがちな箏・三味線の古典作品を取り上げ、四季折々その音色を身近に伝えるプログラムを、これまでに8公演行い、好評を得ている。


主な海外公演

  • 2015年、イギリス・ケンブリッジ大学クレアホールにてデュオ夢乃公演
  • 2014年、国際交流基金NY日本文化センター派遣によりトリニダード・トバゴ公演
  • 2013年、Yoko & Hikaru Duo トルコ(イスタンブール、テキルダー)公演
  • 2012年、国際交流基金NY日本文化センター派遣によりブラジル3都市で公演
  • 2011年、国際交流基金NY日本文化センター派遣によりジャマイカ、ボリビア、ペルー公演
  • 2011年、イタリア(ミラノ)にて鼓・舞の麻生花帆氏とのコラボレーション
  • 2011年、カタール(ドーハ)サッカーアジアカップにて演奏
  • 2009年、アメリカ(シカゴ)にて豊秋三味線リサイタルにゲスト出演
  • 2009年、アメリカ、フォートウェインさくらフェスティバルにゲストアーティストとして招聘される
  • 2009年、洗足学園音大・現代邦楽コース アメリカ(ニューヨーク・ボストン)公演
  • 2008年、「木村伶香能 箏・三味線コンサートUSツアー」(国際交流基金助成)
  • 2007年、韓国(ウィジョンブ)公演
  • 2007年、イスラエル、エルサレム音楽祭に出演
  • 2006年、ニューヨークにて第1回リサイタル(以後、度々開催)
  • 2006年、リトアニア、ヴィルニュス音楽祭にて演奏
  • 2006年、和楽器オーケストラあいおいメンバーとして中国(南京)公演
  • 2005年、スイス(チューリッヒ)公演
  • 2005年、フランス(ヴォルドー)公演
  • 2004年、ポーランド、ワルシャワ音楽祭に出演

ブログ

Blog
Calender
CD
Link
Listen
Teaching Studio

最近のブログ記事